アンコール遺跡>東メボン遺跡

東メボン遺跡はラージェンドラヴァルマン2世の時、952年に作られたヒンドゥー教シバ派の寺院です。東バライという大きな貯水池の中央に島が作られ、そこに築かれた寺院でしたが、東バライは現在涸れてしまっています。

二重の周壁に囲まれ、その中に2段になった基盤があります。内側の周壁の4隅には大きな象の彫像が作られています。

東メボン

東メボンではレンガ上のレリーフも見られますが、傷みが激しく、砂岩の部分だけが原形をとどめています。

東メボンのレリーフ
Sponsored Link
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.