アンコール遺跡>プラサット・クラヴァン

プラサット・クラヴァンはアルチャヴァルマン一世が921年にヴィシュヌ神を祀るために建てたヒンドゥー教の寺院です。レンガ作りの5つの塔が一列に並んでいます。

プラサット・クラヴァン

プラサット・クラヴァンの一番の見どころは、堂内に残る浮き彫りです。一番右側はラクシュミーの堂です。

プラサット・クラヴァンのラクシュミー

中央の堂はヴィシュヌ神のもので、ここのレリーフは最も美しいものです。クリックすると拡大画像が表示されます。

プラサット・クラヴァンのヴィシュヌ神
Sponsored Link
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.