アンコール遺跡>ライ王のテラス

ライ王のテラスは像のテラスの続きとして作られているもので、12世紀末にジャヤヴァルマン7世によって作られたとされています。しかし、近年の修復と発掘調査の結果、それ以前にテラスがあり、後世に修復されたことが明らかになったそうです。現在は以前のテラスの壁面も見ることができるように、通路が整備されています。

ライ王と言われるのは、ライ病にかかった王という説があるためだそうですが、真偽はわかりません。

下の写真は修復後のテラスの側面です。

ライ王のテラス

実際にはこの内がわに作られた迷路のような通路に面した、以前のテラスの壁面の方に美しい彫像が並んでいます。

ライ王のテラス ライ王のテラス ライ王のテラス ライ王のテラス
Sponsored Link
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.