アンコール遺跡>ロレイ遺跡

ロレイ遺跡は893年にヤショーヴァルマン一世によって建てられたヒンドゥー教シバ派の寺院です。建設当初は貯水池の真ん中に建っていたと考えられています。ロレイ遺跡東側に残る階段は、船着き場の跡と考えられています。

レンガが主に使われていたためか、損傷がひどい遺跡で、現在残っているのは祠堂が4基。その中にもひどく崩れたものがあります。下の写真、左側の祠堂は一部を残して完全に崩れ去ってしまっています。

ロレイ遺跡

それでも、レリーフには砂岩が使われている部分もあって、そうしたところだけきれいに残っています。

ロレイ遺跡のレリーフ

4基ある祠堂の中央には、リンガが安置されています。溝のある石の樋のようなものが置いてある所を見ると、かつては水が流れる仕組みがあったのでしょうか。

ロレイ遺跡のリンガ
Sponsored Link
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.