アンコール遺跡>プラサット・スル・プラット

プラサット・スル・プラットは、王宮前に12の塔が並ぶ遺跡です。アンコール・トムを訪れる多くの人が目にしていると思われますが、あまり注意して見ている人は少ないようです。ジャヤヴァルマン7世の頃、12世紀末に作られたとされています。

プラサット・スル・プラットの用途には諸説あるようですが、塔の間に綱を張って綱渡りを見せた、という説もあります。しかし、綱渡りを見せるためだけに、こんな塔を建てますかねえ。

プラサット・スル・プラット
Sponsored Link
Copyright© 有限会社人の森. All rights reserved.